メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

「緩和続く」市場反応 長期金利、大幅低下

記者会見を終え退席する黒田東彦日銀総裁=東京都中央区の日銀本店で2018年7月31日午後4時半、長谷川直亮撮影

 日銀が31日の金融政策決定会合で金融政策の修正を決めたことを受けて、長期金利は大幅に低下、外国為替市場では円安・ドル高が進んだ。政策修正に対する市場の受け止めはさまざまで、株式市場はやや荒い値動きとなった。

 今回の決定会合前、市場では日銀が0%の長期金利目標の引き上げなど、政策を変更するとの思惑が広がり、長期金利が上昇。それまで上限としていた0.1%を超え、日銀は7月中に3回にわたり無制限に国債を買い入れる「指し値オペ」に踏み切って、抑制を図っていた。

 31日午後1時過ぎに日銀政策決定会合の内容が市場に伝わると、東京債券市場では0.06%程度で推移し…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです