メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア機

撃墜4年 苦悩の遺族「真実の解明を」

マレーシア機撃墜事件で兄を亡くしたピート・プローグさん=オランダ中部マールセンで2018年6月25日、八田浩輔撮影

 【マールセン(オランダ中部)で八田浩輔】2014年7月17日にウクライナ東部でマレーシア航空機が撃墜され、乗客乗員298人全員が犠牲となった事件から4年がたった。最大の犠牲者を出したオランダが主導する5カ国の合同捜査チームは今年5月、ロシア軍の関与を指摘する調査結果を公表したが、ロシア側は一貫して異を唱える。外交問題のはざまで苦悩する遺族は真実の解明と司法による解決を望んでいる。

 「驚きはなかったが、衝撃だった」。事件で兄アレックスさんとその妻、長男の3人を亡くしたピート・プロ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです