メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア機

撃墜4年 苦悩の遺族「真実の解明を」

マレーシア機撃墜事件で兄を亡くしたピート・プローグさん=オランダ中部マールセンで2018年6月25日、八田浩輔撮影

 【マールセン(オランダ中部)で八田浩輔】2014年7月17日にウクライナ東部でマレーシア航空機が撃墜され、乗客乗員298人全員が犠牲となった事件から4年がたった。最大の犠牲者を出したオランダが主導する5カ国の合同捜査チームは今年5月、ロシア軍の関与を指摘する調査結果を公表したが、ロシア側は一貫して異を唱える。外交問題のはざまで苦悩する遺族は真実の解明と司法による解決を望んでいる。

 「驚きはなかったが、衝撃だった」。事件で兄アレックスさんとその妻、長男の3人を亡くしたピート・プロ…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1168文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです