メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん拠点病院

医療事故部門設置を義務化 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、武市公孝撮影

 全国に400カ所以上指定されているがんの拠点病院の要件に、医療事故防止部門の設置が新たに追加された。厚生労働省が31日、都道府県に通知した。群馬大病院などの拠点病院で医療事故が相次いだのを受けた措置。全国に15施設ほど指定される子どものがんの拠点病院も同じ要件を設けた。審査を経て2019年度から新要件が適用される。

 厚労省はがんの拠点病院が満たすべき要件を定めた指針を4年ぶりに改定。新要件では、医療安全管理部門を…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです