メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

「標準治療」実施横ばい73% 全国で定着か 14年

 国立がん研究センターは1日、2014年にがんと診断された患者が、科学的な根拠に基づいて奨励される「標準治療」を受けた割合は73%だったと発表した。前年の72%に比べるとほぼ横ばいで、同センターは「全国で標準治療がおおむね受けられるようになっているのではないか」と分析している。

 がん診療連携拠点病院を中心とする全国の424施設で、約57万人の患者を対象に、学会が推奨している…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  2. 沖縄県警 県営住宅に女性遺体 打撲痕あり
  3. 古典落語 英・中・韓3カ国語で上演 大阪で28日
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです