メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 近くの小川から簡単に電気を取り出せたら--。そんな夢を実現させた人がいる。茨城県日立市の電気メーカー「茨城製作所」の菊池伯夫(のりお)社長(41)だ。

 英国の大学で理論物理学博士号を取得。海外で研究生活を送った後、祖父が創業した同社に入った。転機は2011年の東日本大震災。会社が被災し、停電に悩まされた。「明かりさえあれば……」。もどかしさが募った。

 着眼したのは天然エネルギーである川の水流。震災の約2年後、川に沈めるだけで発電する小型の水力発電機…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです