メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 北九州市の「無法松酒造」が先月末に申年(さるどし)の梅を使った梅酒「三岳梅林(みつたけばいりん)」を売り出した。申年は「災いが去る」に通じる。9代目社長の山家勉さん(41)は、縁起物でもある自信作を「多くの人に味わってほしい」と話す。

 同社は創業140年の老舗だ。山家さんは7代目の父俊一さんの死を機に、液晶部品メーカーを辞め、一から酒造りを学んだ。厳しい修業でも投げ出さなかった…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです