メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラム@やまがた

心打つ無心の姿 /山形

 今も、駒の澄んだ音が耳から離れない。

 6月19、20日に将棋の第76期名人戦七番勝負第6局が天童市で開催され、佐藤天彦名人と挑戦者の羽生善治竜王が対局した。大熱戦となったが、20日午後9時40分、佐藤名人が145手で勝ち、通算4勝2敗で3連覇を果たした。

 最高峰の戦いを目の当たりにしながら、三国志演義の逸話を思い出した。死をつかさどる「北斗」と生をつかさどる「南斗」が夢中で碁を打つ話だ。「囲碁と将棋の違いはあれど、あの対局もこんな感じだっ…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです