メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆症認定

更新時に2割却下 国が厳格化、急増

 原爆症と認定された被爆者が3年ごとの更新を行う際、約2割の人が「医療の必要性がなくなった」として申請を却下されている。2014年に国が「適切な運用」を各自治体に通知した後、それまで数%とされた更新申請の却下率がはね上がった。被爆者団体は「機械的に認めないケースが相次いでおり、被爆者を救済する制度の趣旨に反する」と訴えている。【東久保逸夫】

 原爆症の認定は、病気が放射線によるものか(放射線起因性)、医療が必要な状態にあるか(要医療性)で判…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1057文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです