メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆症認定

更新時に2割却下 国が厳格化、急増

 原爆症と認定された被爆者が3年ごとの更新を行う際、約2割の人が「医療の必要性がなくなった」として申請を却下されている。2014年に国が「適切な運用」を各自治体に通知した後、それまで数%とされた更新申請の却下率がはね上がった。被爆者団体は「機械的に認めないケースが相次いでおり、被爆者を救済する制度の趣旨に反する」と訴えている。【東久保逸夫】

 原爆症の認定は、病気が放射線によるものか(放射線起因性)、医療が必要な状態にあるか(要医療性)で判…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1057文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです