メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/12 9・11テロ「地獄の日々」

 2001年9月11日夜、あいおい損害保険(現あいおいニッセイ同和損保)経営企画部課長補佐だった新納(にいろ)啓介(53)は帰宅直後、テレビを見て立ちすくんだ。米ニューヨークの世界貿易センタービルに2機の旅客機が突っ込んでいる。慌てて同部長だった鈴木久仁(67)の携帯電話に連絡した。「まずいことが起こりました。相当な保険金の支払いになると思います」。東京・恵比寿の本社近くのスナックにいた鈴木は「あ、終わったな」と会社の危機を悟った。

 さかのぼること約1年、00年秋のことだ。あいおいの前身、大東京火災海上保険と千代田火災海上保険は合…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1134文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです