メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

セクハラ追放阻む壁=坂東賢治

 <moku-go>

 「騒擾(そうじょう)」というと、時代がかった言葉に思える。大辞林が挙げる用例は「藩士の京師(けいし)を騒擾するもあり」だ。幕末、長州藩士が京都で暴れていた光景が浮かぶ。

 かつては集団で公共の平穏を害する罪として刑法に「騒擾罪」があったが、新聞は「騒乱罪」と表記していた。1995年の刑法改正で条文も騒乱罪に変わった。

 中国では「騒擾」が今でも頻繁に使われる。嫌がらせという意味もあり、セクハラが「性騒擾」と訳されてい…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文985文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです