メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

セクハラ追放阻む壁=坂東賢治

 <moku-go>

 「騒擾(そうじょう)」というと、時代がかった言葉に思える。大辞林が挙げる用例は「藩士の京師(けいし)を騒擾するもあり」だ。幕末、長州藩士が京都で暴れていた光景が浮かぶ。

 かつては集団で公共の平穏を害する罪として刑法に「騒擾罪」があったが、新聞は「騒乱罪」と表記していた。1995年の刑法改正で条文も騒乱罪に変わった。

 中国では「騒擾」が今でも頻繁に使われる。嫌がらせという意味もあり、セクハラが「性騒擾」と訳されてい…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文985文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです