メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

LGBT、議論のテーマ 杉田議員寄稿に党内からも異論 稲田元政調会長「少数派思いやるのが保守」

毎日新聞のインタビューに答える自民党の稲田朋美元政調会長=2018年7月30日、川田雅浩撮影

 自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が月刊誌「新潮45」への寄稿で、性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」などと主張した問題で、同党の稲田朋美元政調会長が毎日新聞のインタビューに応じた。同じ保守派の稲田氏は、寄稿が問題化してすぐに自身のツイッターで「多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だ」と指摘。インタビューでは「少数派を思いやるのが本当の保守だ」と語った。

 寄稿を巡っては、二階俊博幹事長は問題視しない考えを示したが、「『生産性がない』なんて言ってはいけな…

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. キングオブコント 11代目王者は「ハナコ」 2490組の頂点に
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです