メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

パリで体験「心のバリアフリー」 自然に他者への気遣いを=岩下恭士(デジタルメディア局)

狩りをする女神ディアナのブロンズ像に触れる筆者。2メートル近い大きさの実物にも触れたが、こちらは複製=6月23日、ルーブル美術館専属のツアーガイド撮影

 6月にパリを訪れた。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け実現が期待される共生社会について、世界最大の文化芸術の都ではどうなっているかを知りたかったからだ。昨年2月、政府は東京五輪・パラリンピックを機に共生社会の実現を目指す「ユニバーサルデザイン2020行動計画」を発表し、「心のバリアフリー」と「ユニバーサルデザインのまちづくり」を推進している。

 フランスでは特に私のような全盲者に対する社会の反応を知りたかったので、日本を出発する時から同行者を…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 川口の男子中学生自殺未遂 手紙に、いじめ詳細や学校不信記す ぼくは生きてちゃだめなんだ/先生はぼくをみすてた /埼玉
  5. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです