メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

パリで体験「心のバリアフリー」 自然に他者への気遣いを=岩下恭士(デジタルメディア局)

狩りをする女神ディアナのブロンズ像に触れる筆者。2メートル近い大きさの実物にも触れたが、こちらは複製=6月23日、ルーブル美術館専属のツアーガイド撮影

 6月にパリを訪れた。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け実現が期待される共生社会について、世界最大の文化芸術の都ではどうなっているかを知りたかったからだ。昨年2月、政府は東京五輪・パラリンピックを機に共生社会の実現を目指す「ユニバーサルデザイン2020行動計画」を発表し、「心のバリアフリー」と「ユニバーサルデザインのまちづくり」を推進している。

 フランスでは特に私のような全盲者に対する社会の反応を知りたかったので、日本を出発する時から同行者を…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  3. 社説 菅官房長官の記者会見 自由な質問を阻む異様さ
  4. 勤労統計調査方法変更「自分が…」元首相秘書官の言い分 首相は“われ関せず”か
  5. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです