メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

「米が対話閉ざした」 ザリフ外相、批判

 【テヘラン、ワシントン共同】トランプ米大統領がイラン大統領と無条件で首脳会談に応じると発言したことを受け、イランのザリフ外相は7月31日、核合意離脱を表明した米国が自ら対話の道を閉ざしたとして、対イラン政策を批判した。ツイッターに投稿した。

 ザリフ氏は「イランと米国は2年間にわたり対話し、各国と共に核合意に至った。合意は機能してきた」と指摘。「米国は(…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです