メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 金利上昇、なぜ容認したの?=回答・坂井隆之

金融政策決定会合後、記者会見する黒田東彦日銀総裁(右端)=東京都中央区の日銀本店で2018年7月31日午後3時49分、長谷川直亮撮影

国債取引減、弊害大きく

 なるほドリーマン君 「日銀が長期金利の上昇を容認する」と聞いたけど、そもそも長期金利って何なの?

 記者 返済までの期間が1年以上の借金にかかる金利のことです。金融の世界では一般的に、償還(返済)までの期間が10年の「10年物国債」の利回りを指します。国債は金融機関が参加する債券市場で売買されていて、国債がたくさん買われると利回りは下がり、売られると上がる関係にあります。日銀は2016年9月から長期金利を0%程度に誘導する政策を導入。民間銀行から大量に国債を買い取ることで、長期金利を低く抑えているのです。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです