メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

第42回日本クラブユースサッカー選手権・U18 清水16年ぶりV

【清水-大宮】前半、ゴールを決める清水の青島太=東京・味の素フィールド西が丘で2018年8月1日、竹内紀臣撮影

 第42回日本クラブユースサッカー選手権(U18)大会(日本サッカー協会、日本クラブユースサッカー連盟主催、毎日新聞社など後援)は1日、東京・味の素フィールド西が丘で決勝が行われ、清水が大宮に2-0で快勝し、16年ぶり2回目の優勝を果たした。清水はFW青島太のゴールで先制し、前半終了間際にFW斉藤が追加点を挙げた。後半は大宮にボールを保持されたが、集中力の高い守りで無失点で耐えた。

 MVP(最優秀選手)は、GK梅田透吾(清水)を選出。印象的な活躍をした選手に贈られるMIPと得点王…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです