メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奄美大島

ノネコ捕獲に環境省本腰 世界遺産登録への課題

アマミノクロウサギをくわえたノネコ=環境省奄美自然保護官事務所提供

 世界自然遺産を目指している鹿児島県の奄美大島で、国の特別天然記念物のアマミノクロウサギなどを襲うノネコ(野生化した猫)の捕獲に環境省が乗り出している。世界遺産登録を巡っては政府が今夏、推薦をいったん取り下げて仕切り直しの段階。再推薦に希少動物の保護は課題の一つであり、同省の担当者は「島の生態系の維持、回復に向けて努力したい」としている。

 捕獲作戦は、同省が県、地元5市町村と策定した「ノネコ管理計画」に基づいたもの。同省などによると、島…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです