メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

地域医療、再開見えず 浸水で診療機能失う

沼田(ぬた)川の氾濫で1階が茶色い水につかった本郷中央病院=広島県三原市下北方1で2018年7月7日、同病院提供

 西日本豪雨では、地域医療を担う病院の被害も各地で相次いだ。広島県三原市本郷地区では総合病院「本郷中央病院」(谷本康信院長、137床)が近くを流れる沼田(ぬた)川の氾濫で4階建て建物の1階天井近くまで浸水し、診療機能を失った。入院患者らに被害はなかったが、3週間以上が経過しても診察再開のめどはたたず、深刻な影響が続いている。

 雨が降り続いていた7月6日夕、辻誠二事務長(57)は同県竹原市内の自宅に帰宅途中、沼田川の水量を見…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです