メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米通貨監督庁

「フィンテック」企業を銀行免許対象に

 【ワシントン清水憲司】米金融規制機関の通貨監督庁(OCC)は31日、IT(情報技術)を駆使した新たな金融サービスを提供する「フィンテック」企業について、銀行免許を与える対象に加えると発表した。州ごとに分かれている規制を実質的に一元化するのに加え、お金を預からないことを条件に特別な免許を付与し、フィンテックの振興を図る。

 米国ではこれまでフィンテックに対する国単位の規制がなく、州ごとに異なる規制に従う必要があるため、ビ…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文637文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです