メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
日露2プラス2

「陸上イージスに懸念」ロシア側が日本に

河野外相(左)とラブロフ露外相=AP

 【モスクワ大前仁】日露両政府は7月31日、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)をモスクワで開いた。日本が配備を進める陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、ロシア側は「対立、不信、不確実さの拡大につながる」(ラブロフ外相)と懸念を表明。日本は北朝鮮の脅威への対抗策と説明したが、米朝間で対話が進む中、米軍による「露包囲網」と見なすロシアの反対に直面した格好だ。安全保障分野での交流拡大では一致したが、国際情勢における立場の違いも浮き彫りにした。

 日露2プラス2は昨年3月以来、3回目。河野太郎外相、小野寺五典防衛相、ラブロフ外相、ショイグ露国防相が出席し、次回は東京で開く方針を確認した。

 「前例のない規模での軍備増強を含め、多極化する世界の傾向に歯止めをかける措置が見られる」。ラブロフ氏は会談冒頭、トランプ米政権の安全保障政策を批判。ロシア側はイージス・アショアの運用について「米国が主導していくはずだ」との懸念を繰り返した模様だ。これに対し河野氏は「純粋に防衛的なシステムで、懸念は当たらない」と反論。必要ならば専門家レベルで技術的問題を説明する考えも伝えたという。

 北朝鮮問題について、日本側の出席者は「ロシアの北朝鮮に対する考え方について深く知る機会になった」としており、日本が求める圧力継続など政策面での協調は進まなかったようだ。ロシアが9月にウラジオストクで開催する経済フォーラムに、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が出席するかについても議題に上がらなかったとしている。

 2プラス2に先立ち、外相と防衛相同士の会談も実施。外務・防衛当局の次官級協議を年1回の割合で開催▽シリアにおける人道支援に関する協議開催▽河野克俊統合幕僚長による年内訪露の調整▽10月にロシアの太平洋艦隊による函館寄港の調整--などで一致した。北方領土における共同経済活動に関し、事業者主体の一行が今月16~20日に現地を訪れることでも合意した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
  3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
  4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです