メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露2プラス2

「陸上イージスに懸念」ロシア側が日本に

河野外相(左)とラブロフ露外相=AP

 【モスクワ大前仁】日露両政府は7月31日、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)をモスクワで開いた。日本が配備を進める陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に関し、ロシア側は「対立、不信、不確実さの拡大につながる」(ラブロフ外相)と懸念を表明。日本は北朝鮮の脅威への対抗策と説明したが、米朝間で対話が進む中、米軍による「露包囲網」と見なすロシアの反対に直面した格好だ。安全保障分野での交流拡大では一致したが、国際情勢における立場の違いも浮き彫りにした。

 日露2プラス2は昨年3月以来、3回目。河野太郎外相、小野寺五典防衛相、ラブロフ外相、ショイグ露国防…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです