メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大

パーキンソン病患者にiPS細胞移植 治験始まる

 京都大は1日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞を神経難病のパーキンソン病の患者の脳に移植する世界初の臨床試験(治験)を始めた。治験は、iPS細胞を使った目の難病や心臓病患者に対する臨床研究に比べて実用化により近い点が特徴で、早期の治療法確立と保険適用を実現させる狙いがある。

 京大病院によると、1日から患者の選定作業を始めた。治験には患者7人が参加予定で、神経細胞を移植する1例目の患者は京大病院の患者から選ぶ。残り6人は選定基準を満たした応募者から絞り、京大病院医師などでつくる患者選定委員会で決定。1例目の移植は年内にも実施し、7人の治験は…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです