メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム医療

情報提供が保険適用条件 運営会議が初会合

 がん患者のゲノム(全遺伝情報)を治療に生かす「がんゲノム医療」を巡り、医療機関や患者団体などで作る厚生労働省の運営会議が1日、初会合を開いた。ゲノムを利用した治療などへの公的保険の適用には、患者が遺伝子や診療の情報提供に同意することを条件とする方針を決めた。

 がんゲノム医療は、がん関連遺伝子などを調べることで、効果的に病気を診断したり、治療に活用したりする。医療…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです