メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WGC−ブリヂストン招待

ディフェンディング・チャンピオン松山はマキロイと同組(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

【今週はこの組に注目!】WGC−ブリヂストン招待

ともにWGC-ブリヂストン招待で優勝経験のあるマキロイと松山が同組でプレーする Photo by Streeter Lecka/Getty Images

PGAツアー第42戦 WGC−ブリヂストン招待/オハイオ州 ファイアーストーンCC

 今週は、ファイアーストーンCCにおけるプロのトーナメントとして65回目となるWGC-ブリヂストン招待。そのサウスコースはツアーでも指折りのフェアで厳しい試練の場とされる。そこに再び強者たちが集まる。

 PGAツアーが初めてファイアーストーンで開かれたのは1954年のラバーシティ・オープンだった。現在は、世界中から選手たちが集まってくる。彼らは皆、この大会の勝者となったレジェンドたち、すなわちアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、トム・ワトソン、グレッグ・ノーマン、フィル・ミケルソン、ロリー・マキロイらに並んで自らの名前を歴史に刻むためにやってくる。もちろんタイガー・ウッズの名前もそこにある。彼はここで8勝を挙げているのだ。

 全英オープンで優勝争いをしたウッズは4年ぶりにファイアストーンに戻ってくる。フェデックスカップを制したこともあるマキロイ、ジャスティン・トーマスも出場。さらに、フェデックスカップ・ランキングにおいて現在トップに立っているダスティン・ジョンソン、全英オープンに勝ったフランチェスコ・モリナリ、この大会のディフェンディングチャンピオンである松山英樹ら、そうそうたる実力たちがこぞって出場する。

 それでは今週の注目組を紹介しよう。

 ※( )内は、フェデックスカップ・ランキングの順位。

ロリー・マキロイ(24)

松山英樹(86)

 このペアリングは、WGC-ブリヂストン招待で優勝経験を持つ者同士だ。松山は昨年、最終ラウンドでコースレコードの61ストロークをマークして勝利。上がり3ホールで連続バーディを奪い、5ストローク差で優勝した。だが驚くべきことはそれ以降、優勝がないことだ。デビューして以来4年間、シーズン最終戦であるツアー選手権に常に出場してきた松山だが、今年はそれが途切れる危機にいる。マキロイは今シーズン初めのアーノルド・パーマー招待で優勝したが、これは2016年にフェデックスカップを獲得して以来の勝利だった。全英オープンで2位タイになったマキロイは、ファイアーストーンでは7回出場してトップ10フィニッシュが5回ある。2014年の優勝は、全英オープンと全米プロの2勝に挟まれた栄冠だった。

初 日:10番スタート午前10時10分(日本時間 木曜午後11時10分)

2日目:1番スタート午後2時0分(日本時間 土曜午前3時0分)

今年のアーノルド・パーマー招待でも同組でプレーしたウッズとデイが今週も一緒 Photo by Sam Greenwood/Getty Images

タイガー・ウッズ(47)

ジェイソン・デイ(5)

 ウッズは2014年以来初めてのファイアストーン出場を果たす。 第2ラウンドで61ストロークをマークして頂点に立ったその勝利が、彼にとってPGAツアーでの最後の優勝である。ファイアーストーンは彼が8勝を挙げた3コースのうちの1つ。あとの2つはベイヒルとトーリーパインズだ。1999年から2009年の間にファイアーストーンに9回登場し、7回優勝した。デイは、ファイアーストーンでは優勝がない。だがクリーブランド・キャバリアーズの情熱的なサポーターとして、在住するオハイオ州コロンバスには強い絆を築いてきた。

初 日:10番スタート午前10時20分(日本時間 木曜午後11時20分)

2日目:1番スタート午後2時10分(日本時間 土曜午前3時10分)

ジャスティン・トーマス(2)

フィル・ミケルソン(9)

 プレジデンツカップではチームメートとなる2人だが、今シーズン同組でプレーするのは初めてだ。通算でも3回目だ。昨年のフェデックスカップ・チャンピオンのトーマスは、今シーズン2勝を挙げている。ミケルソンは今シーズンのWGCの1つ、メキシコ選手権で5年ぶりに優勝している。メキシコでトーマスを破っての勝利だった。ミケルソンは、ファイアーストーン・サウスでの1996年のワールド・シリーズ・オブ・ゴルフの大会で優勝し、引き続きここアクロンで3回連続の2位がある。その最後の1回はWGC-ブリヂストン招待の第1回大会であり、ミケルソンはウッズに1ストロークで敗れている。

初 日:1番スタート午後2時0分(日本時間 金曜午前3時0分)

2日目:10番スタート午前10時10分(日本時間 金曜午後11時10分)

ダスティン・ジョンソン(1)

フランチェスコ・モリナリ(7)

 PGAツアーの最も新しい勝者が、現時点で一番ホットなプレーヤーと同組でプレーする。先週のRBCカナディアン・オープンで優勝したジョンソンは今季通算3勝。フェデックスカップを527ポイント差でトップに立っている。ジョンソンは2016年にこの大会で優勝している。モリナリは全英オープンでメジャー勝者となってから初めてのトーナメントに臨む。クイッケンローンズ・ナショナルと全英オープンで優勝し、ジョンディア・クラシックで2位になったことで、フェデックスカップ・ランキングにおいて順位を100人以上をごぼう抜きして7位になっている。彼は世界各国での直近の6トーナメントで3勝したうえ2回2位になっている。

初 日:1番スタート午後2時10分(日本時間 金曜午前3時10分)

2日目:10番スタート午前10時20分(日本時間 金曜午後11時20分)

今シーズンここまで13戦中予選通過6回で1勝を挙げている小平智も参戦 Photo by Tom Pennington/Getty Images

市原弘大(なし)

パットン・キザー(12)

初 日:1番スタート午後1時20分(日本時間 金曜午前2時20分)

2日目:10番スタート午前9時30分(日本時間 金曜午後10時30分)

小平智(73)

ブライソン・デシャンボー(6)

初 日:10番スタート午後1時20分(日本時間 金曜午前2時20分)

2日目:1番スタート午前9時30分(日本時間 金曜午後10時30分)

時松隆光(なし)

バッバ・ワトソン(4)

初 日:1番スタート午後2時30分(日本時間 金曜午前3時30分)

2日目:10番スタート午前10時40分(日本時間 金曜午後11時40分)


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです