メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

J1

浦和 西川、新守護神に名乗り!森保監督の前で好セーブ連発(スポニチ)

明治安田生命J1第19節  浦和2-0川崎F(2018年8月1日 埼玉)

 浦和が川崎Fに2-0と快勝し、7位に浮上。J1通算400勝を達成した。GK西川周作(32)が再三のピンチにスーパーセーブを連発し、2連勝の立役者となった。視察した日本代表とU-21日本代表の森保一監督(49)も絶賛。ベテランGKが再び、日本代表の守護神候補に浮上してきた。

     ピンチになるほど我慢した。後半21分。西川は再び相手FW小林と1対1の大ピンチ。「自分から仕掛けるより、相手の余裕を奪うことを心掛けた」。動かぬことで相手の焦りを誘った。前半37分の1対1は左足で、2度目は右足でブロック。ゴールを死守した。

     W杯代表からは漏れた。だが西川はW杯から教訓を得た。7月初旬、GK同士でW杯の失点シーンを編集した映像を分析した。西川は「自分から仕掛けて、もったいないシーンが多かった」と言う。心掛けたのは「不動」。「W杯でもGKが流れを変えていた。今後の日本の課題だと思う」。自身に言い聞かせるように言った。

     日本代表とU-21代表の森保監督が視察していた。広島時代の12~13年、ともに戦い2連覇を達成したかつての恩師は「止めてましたね。プレーももちろんですが、ミスの後、鼓舞して励ます姿。ああいうの好きですね」。後半21分、ピンチを招くミスを犯したMF橋岡を鼓舞する西川の姿勢は、森保監督の心を突き動かしていた。

     浦和はJ1通算400勝を達成。W杯後は3勝1分けと完全に上昇気流に乗った。「ポイチ(森保)さんと一緒にやりたい強い気持ちがある。プロである以上、代表を目指さなければ伸びしろはない」と西川は貪欲に前を向いた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
    3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
    4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
    5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです