メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(東京都新宿区) /東京

演劇、映像資料100万点

 校舎の建て替えが進む早稲田大学で、白壁が映えるレトロな建物が目につく。1928年、同大教授を務めた劇作家の坪内逍遙(1859~1935年)が70歳(古希)を迎え、「シェークスピア全集」の翻訳が完成したことを祝い、建てられた。左右対称の建物は、16世紀イギリスの劇場「フォーチュン座」を模して設計。1階の正面は舞台になっており、前進座がシェークスピア劇を上演し、逍遥が観劇したと伝わる。

 世界の演劇、映像資料を約100万点収集するアジア唯一の演劇専門博物館だ。閲覧室では身分証を提示すれ…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです