メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眞鍋知子の街を元気に

/58 人生の大先輩に講演 アクティブシニアに脱帽 /石川

活発な活動の様子を報告する「高砂大学校同窓会だより」

 先月、金沢市の高砂大学校同窓会で講演する機会があった。高砂大学校といえば母方の祖母を思い出す。4年前に99歳で亡くなった祖母は、そこで紙細工グループに所属し、多くの作品を持ち帰った。彼女が健康で長寿だったのも高砂大学校に長く通ったからではないか。

 1963(昭和38)年に開校した高砂大学校は、65歳以上の金沢市民を対象としており、毎年約400人の受講生を迎える。1年間の学習を終えた後も高砂大学校同窓会に入って、合唱、俳句、民謡、生け花、ダンス、グラウンドゴルフなどの51グループに分かれて生涯学習活動を続ける人が多い。同窓会は66歳から106歳までの約3000人で構成されており、平均年齢は79歳とのことである。主な事業として、体育まつり、作品や演芸の発表会、旅行などを行っている。

 私に講演依頼があったのは、自分たちの楽しいことばかりではなく社会にプラスになることをしようという「…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです