メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 2015年3月に学習指導要領の一部が改正され、18年度から小学校では「道徳」が教科となった。19年度には中学校でも教科になる。道徳は今後、教科の一つとして、週1時間、年35時間、授業として学んでいくこととなる。

 文部科学省が作成した学習指導要領の中では、小学校の道徳で学ぶ「22の価値」があげられている。その中には「善悪の判断」▽「自律」▽「正直」▽「規則の尊重」▽「公正」▽「公平」▽「社会正義」--などの項目が並ぶ。小学校1・2年で学ぶことの中には「良いことと悪いこととの区別をし、良いと思うことを進んで行うこと」とある。「良いことと悪いことの区別」は道徳の基本と捉えることができる。そうであるからこそ、小学校低学年から「善悪の区別」を学ぶのだろう。

 道徳とは、人が心の中に持っている善悪の規範であり、悪いことを行わないような心の在り方である。人には…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文851文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです