メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

「キャリア」を学ぶ /静岡

 入社して3年目。取材相手が女性だと、いつの間にか本題からそれ、互いの「キャリア」について話すことがよくある。仕事に関係なく、女性同士として会話する時間が、実は仕事をする上で私の楽しみの一つだ。

 就職する前は「何がなんでも仕事とプライベートを両立させる」と意気込んでいた。しかし、いざ働き始めると、どうしても仕事中心。記者の仕事は楽しく充実しているが、「結婚は?」とか「出産後も続けられるのかな」とか、将来が不安になることもよくある。

 「何がやりたいのか人生の優先順位をつけること。一直線の上り調子じゃなくても最終目的地が一緒ならいい…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです