メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

ドラッグストアの進化と役割=百五総合研究所・津谷昭彦 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 現在、小売業界ではネット通販が拡大しているが、店舗販売ではドラッグストアが元気だ。最近、県内でも新規出店をよく見かける。これらの店舗では医薬品や化粧品に加え、食品や日用品など品ぞろえが豊富で価格も安い。特に食品は、弁当や総菜、生鮮食品、スイーツなども取りそろえ、イートインや休憩スペースを設けている店舗もある。公共料金などの支払いが可能な店舗もあり、1カ所で買い物や用事を済ませたい消費者の利便性のニーズに応えている。

 経済産業省「商業動態統計調査」によると、昨年の全国のドラッグストアの店舗数は1万5049店(前年比…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです