メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済

ドラッグストアの進化と役割=百五総合研究所・津谷昭彦 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 現在、小売業界ではネット通販が拡大しているが、店舗販売ではドラッグストアが元気だ。最近、県内でも新規出店をよく見かける。これらの店舗では医薬品や化粧品に加え、食品や日用品など品ぞろえが豊富で価格も安い。特に食品は、弁当や総菜、生鮮食品、スイーツなども取りそろえ、イートインや休憩スペースを設けている店舗もある。公共料金などの支払いが可能な店舗もあり、1カ所で買い物や用事を済ませたい消費者の利便性のニーズに応えている。

 経済産業省「商業動態統計調査」によると、昨年の全国のドラッグストアの店舗数は1万5049店(前年比…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです