メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

海水を真水に 装置2基活躍 三原 /広島

海水から作った真水をペットボトルに入れる水資源機構の担当者=広島県三原市城町3の三原港で、渕脇直樹撮影

 西日本豪雨でほぼ全域が断水した三原市では、海水を真水に替える浄水装置2基が活躍した。

 装置は水資源機構(さいたま市)の保有で、それぞれ1日当たり35トンと50トンの真水を作り出す能力がある。海水をホースで吸い上げ、高圧をかけながらフィルターを通して塩分や細菌、ウイルスをこしとる。2016年の熊本地…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 世界の雑記帳 火事から子豚救出のお礼、英農場主が消防隊にソーセージ贈る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです