メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

プラ素材から温室ガス 太陽光での劣化原因 米大チーム確認

 【ブリュッセル八田浩輔】日常で使われるプラスチック素材の多くが、太陽光で劣化する過程で温室効果ガスのメタンなどを排出していることを米ハワイ大の研究チームが確認し、米科学誌プロスワンで1日発表した。プラスチックごみによる海洋汚染が国際問題となる中、研究チームは気候変動抑止の観点でもプラごみ対策は重要だと強調する。

 研究チームは市場に流通する複数のプラ素材を太陽光に長期間さらすなどの実験を行い、包装や雑貨など汎用…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文623文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです