メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/13 危機が強めた結束

米同時多発テロによる損保各社の苦境を報じる当時の新聞=根岸基弘撮影

 「損害額が一定を超えた場合、その部分が補償される保険を掛けられないか」。2001年12月、あいおい損害保険(現あいおいニッセイ同和損保)と、北大西洋バミューダ諸島の再保険会社の交渉が山場を迎えていた。あいおいは同年9月の米同時多発テロで航空機事故の保険金支払いを抱え、経営不安説が拡大。一刻も早く損失を確定させる必要に迫られていた。

 問題の対応にあたっていた新納(にいろ)啓介(53)にとって、この3カ月は嵐のような日々だった。人生…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1146文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです