メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/13 危機が強めた結束

米同時多発テロによる損保各社の苦境を報じる当時の新聞=根岸基弘撮影

 「損害額が一定を超えた場合、その部分が補償される保険を掛けられないか」。2001年12月、あいおい損害保険(現あいおいニッセイ同和損保)と、北大西洋バミューダ諸島の再保険会社の交渉が山場を迎えていた。あいおいは同年9月の米同時多発テロで航空機事故の保険金支払いを抱え、経営不安説が拡大。一刻も早く損失を確定させる必要に迫られていた。

 問題の対応にあたっていた新納(にいろ)啓介(53)にとって、この3カ月は嵐のような日々だった。人生…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1146文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです