メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 反核運動を続ける川崎哲(あきら)さんから新著をいただいた。「核兵器はなくせる」(岩波ジュニア新書)。ご承知のように、ノーベル平和賞を受けた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の主要メンバー(国際運営委員)である。

 国際会議などで時々お話しはしていたが、東大でペルシャ語のクラスをとり、1991年の湾岸戦争を「なんとか止められないか」と考えていたことは著書で初めて知った。

 その頃の東大は戦争に際して「学生たちの間で何か議論らしい議論が起きない。教授たちも、そういったこと…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文987文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです