メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニホンゴ」を話す村で

台湾タイヤル族/上 移住政策で「混ぜ混ぜ」

 台湾北東部宜蘭(ぎらん)県の山あいにある寒渓(かんけい)村には、先住民タイヤル族が多く暮らす。

 「アンタ、ロコイクー」(あなたはどこへ行くのか?)

 約1000人が暮らす小さな村を訪ねると、日本語に似た言語「ニホンゴ」(宜蘭クレオール)が聞こえてくる。

 現地の言語を研究する真田信治・大阪大名誉教授(72)によると、日本統治時代(1895~1945年)、タイヤル族やセデック族の言語が日本語に混ざる中で形成された新言語という。

 では戦前、この村ではどんな言葉が話されていたのだろうか。村の古老を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1235文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです