メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

対日補償請求訴訟 外務省・最高裁、判決先送り疑惑

 【ソウル堀山明子】韓国のソウル中央地検は2日、朴槿恵(パククネ)前政権時代に最高裁と外務省が対日戦後補償請求訴訟に関連して「裏取引」した疑惑が浮上したとして、外務省で日本を担当する東北アジア局など関連部署を家宅捜索した。文在寅(ムンジェイン)政権が保守政権時代の癒着や不正をただす「積弊清算」の一環とみられ、今後の対日外交に影響を及ぼす可能性もある。

 聯合ニュースなどによると、捜索を受けたのは東北アジア局のほか、国際法律局、企画調整室など。ソウル中…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです