メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

米に報復辞さず 牧師長期拘束、2閣僚制裁に反発

 【ワシントン工藤哲】米財務省は1日、米国人牧師を不当に長期間拘束し人権侵害を続けているとして、トルコのギュル法相とソイル内相の現職閣僚2人を経済制裁対象に指定した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国として米国と同盟関係にあるトルコへの制裁は異例の措置。トルコは報復を辞さない姿勢を表明した。

 財務省は発表で、2閣僚がトルコ在住の米国人、アンドルー・ブランソン牧師の拘束に「主導的な役割を果たした」と指摘。2人は米国内資産を凍結され、米国人との取引も禁じられる。

 ブランソン牧師は、2016年7月のクーデター未遂事件にかかわり武装テロ組織を支援したなどとしてトル…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです