メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

米に報復辞さず 牧師長期拘束、2閣僚制裁に反発

 【ワシントン工藤哲】米財務省は1日、米国人牧師を不当に長期間拘束し人権侵害を続けているとして、トルコのギュル法相とソイル内相の現職閣僚2人を経済制裁対象に指定した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国として米国と同盟関係にあるトルコへの制裁は異例の措置。トルコは報復を辞さない姿勢を表明した。

 財務省は発表で、2閣僚がトルコ在住の米国人、アンドルー・ブランソン牧師の拘束に「主導的な役割を果たした」と指摘。2人は米国内資産を凍結され、米国人との取引も禁じられる。

 ブランソン牧師は、2016年7月のクーデター未遂事件にかかわり武装テロ組織を支援したなどとしてトル…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです