メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

世界選手権 タカマツ組、敗退

 【南京・共同】バドミントンの世界選手権第4日は2日、中国の南京で各種目の3回戦が行われ、女子ダブルスでリオデジャネイロ五輪覇者で前回銅メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が初出場の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)に0-2(13-21、15-21)で敗れる波乱があった。前回銀メダルの福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)と米元小春、田中志穂組(北都銀行)は順当に勝ち上がった。

 女子シングルスで第2シードの山口茜(再春館製薬所)と2連覇を狙う奥原希望(日本ユニシス)は準々決勝…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです