メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑

なぜ 岐阜で40度超え 2層の高気圧、列島覆い空気圧縮

39.6度を記録した名古屋市の公園の噴水で気持ちよさそうに遊ぶ子供たち=同市西区の庄内緑地で2018年8月2日午後3時10分、兵藤公治撮影

 日本列島は2日も広く高気圧に覆われ、東海や関東を中心に気温が上昇し、岐阜県多治見市で40・2度を観測した。全国で40度を超えたのは、埼玉県熊谷市で史上最高の41・1度を観測するなどした7月23日以来。全国927観測地点のうち、194地点で35度以上の猛暑日となった。

 2日に最高気温が40度を超えたのは多治見市だけだったが、岐阜県美濃市で39・8度、名古屋市などで39・6度、東京都心で37・3度になるなど厳しい暑さになった。西日本豪…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです