メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

谷川とむ氏発言

「LGBT差別するつもりはない」と釈明

自民党の谷川とむ衆院議員

同性愛念頭の「趣味みたいなもの」発言巡り、談話を発表

 自民党の谷川とむ衆院議員(比例代表近畿ブロック)は2日、インターネット番組で同性愛を念頭に「趣味みたいなもの」と発言したことに関する談話を発表し、「LGBT(性的少数者)の方々を差別するつもりはなく、多様性を認めていないわけでもない」と釈明した。自民党ではLGBTなど性的少数者を巡る杉田水脈衆院議員(同中国ブロック)の月刊誌への寄稿も批判を浴びており、党は火消しに追われている。

 谷川氏は7月29日放送の「Abema TV」の番組で、同性婚のための法整備は不要との見解を示した。…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文677文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです