メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FRB

9月の利上げ、貿易戦争が波乱要因に

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日、政策金利の据え置きを決めた。一方、景気の現状について「強いペースで拡大した」として判断を上方修正。9月の次回会合で今年3回目となる利上げの実施が確実視されている。経済情勢は好調さが際立つものの、トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争が波乱要因になる可能性も高まりつつある。

 7月31日から開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を現行の1.75~2.0%に据え置く…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです