メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FRB

9月の利上げ、貿易戦争が波乱要因に

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)は1日、政策金利の据え置きを決めた。一方、景気の現状について「強いペースで拡大した」として判断を上方修正。9月の次回会合で今年3回目となる利上げの実施が確実視されている。経済情勢は好調さが際立つものの、トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争が波乱要因になる可能性も高まりつつある。

 7月31日から開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を現行の1.75~2.0%に据え置く…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです