メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀副総裁

金利上昇容認「副作用目配りし、緩和持続」

記者会見する日銀の雨宮正佳副総裁=京都市内で2018年8月2日、宇都宮裕一撮影

 日銀の雨宮正佳副総裁は2日、京都市内で講演し、一定の金利上昇を容認するなど金融政策の修正に踏み切った狙いについて「副作用にも目配りしつつ、強力な金融緩和を持続させること」と語った。

 日銀は7月31日の金融政策決定会合で、長期金利の変動幅をプラスマイナス0.1%から0.2%程度に広げる方針を決めた。政策修正の理由となった超低金利政策の副作用について「(国債)市場機能の低下に対する…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです