メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中外相

首相10月単独訪中で調整 相互往来推進で一致

会談を前に中国の王毅国務委員兼外相(右)と握手する河野外相=シンガポールで2018年8月2日、AP

 【シンガポール田辺佑介】河野太郎外相は2日、訪問先のシンガポールで中国の王毅国務委員兼外相と会談し、両国首脳の相互往来を進めることで一致した。これを受け日中両政府は、安倍晋三首相による10月の単独訪中に向けて調整に入る。国際会議以外での首相訪中は2011年12月の野田佳彦前首相以来7年ぶりとなる。

 会談は約35分間。河野氏は「経済分野を中心に具体的な成果を上げ、首脳間の信頼関係の強化に努めたい」と述べ、王氏は「関係は正常な軌道に戻った。いい局面を維持したい」と応じた。

 第三国でのインフラ投資を進めることや、人工知能(AI)などイノベーション分野で協力を深めることも確…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文787文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです