メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

錦織、サーブで流れ引き寄せる 遅延防止策も体験

 テニスのシティ・オープンは1日、米ワシントンで行われ、男子シングルスでは世界ランキング20位で第7シードの錦織圭(日清食品)が初戦の2回戦で234位のドナルド・ヤング(米国)に6-3、6-4で快勝した。

 7月に初の8強入りと躍進したウィンブルドン選手権からサーブではボールを1球ずつ受け取り、集中力を高めて放つ。錦織は「一球入魂」のサーブで、今夏のハードコート初戦でも流れを引き寄せた。ツアーで過去6戦全勝のヤングにストレート勝ちし「最後まで集中して、いいテニスができた」と…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです