メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

地元出身の片男波親方、被災者励ます 愛媛

避難所で被災者に声をかけて励ます片男波親方(中央)=愛媛県西予市野村町の野村小学校で2018年8月2日、宮原健太撮影

 西日本豪雨で肱川(ひじかわ)が氾濫し、5人が犠牲となった愛媛県西予市野村町地区に2日、地元出身で大相撲元関脇・玉春日の片男波(かたおなみ)親方(46)=本名・松本良二=が訪れ、被災者を励ました。同地区は今年で167年目を迎える伝統行事「乙亥(おとい)大相撲」で知られるが、会場となる多目的施設「乙亥会館」は土俵ごと水にのまれた。親方の激励を得て、住民らは「何とかして今年も相撲を続けていきたい」と力を込めた。

 「天井近くまで全て水に……」。片男波親方は今も泥が床や壁、天井に残る乙亥会館を見回して言葉を失った…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  5. 「韓国人は嫌いだ」酒に酔い空港職員暴行か 厚労省課長が韓国で逮捕され更迭に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです