メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相撲

20年に「大相撲beyond場所」開催 世界にアピール好機(スポニチ)

 鈴木俊一五輪相は東京・両国国技館で日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)らと意見交換を行い、20年に「大相撲beyond場所」を開催することが内定した。同イベントは、20年以降を見据えたレガシー創出に資する文化プログラム「beyond2020プログラム」の一環として16、17年に続いて開催するもので、鈴木五輪相からの要請を受けた八角理事長が「相撲協会としても世界にアピールするチャンス。全面的に協力させていただきたい」と快諾した。開催時期は8月9日の五輪閉会式から25日のパラリンピック開会式の間に国技館で行う見通しだ。

     98年長野冬季五輪開会式では横綱・曙が土俵入りを披露。今回、開会式などへの協力要請があった場合について、尾車事業部長(元大関・琴風)は「光栄なこと。前向きに考えたい」と述べた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
    4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
    5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです