メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

510 火星の水/1 大発見! 氷の下に大きな湖

 衝撃的(しょうげきてき)なニュースが飛び込(こ)んできました。火星の南極の分厚い氷の下に大量の水をたたえた「湖」があると、イタリアなどの科学者チームがさる7月25日、発表したのです。

 チームは、ヨーロッパの探査機「マーズ・エクスプレス」(図1)が2012年から3年間にわたって獲得(かくとく)した南極周辺のデータを分析(ぶんせき)しました。電波の反射具合から内部の様子を推定する方法を駆使(くし)し、厚さが約1.5キロの氷の下に、大量の水をたたえている湖があることを発見したのです(図2)。幅(はば)が20キロにも及(およ)んでいるそうです。

 その氷の下は、氷点下(ひょうてんか)70度という寒さですが、上からの圧力がかかった高圧の状態にあり…

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1303文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです