メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア内戦

笑顔届けるマリオネット 日本人作家、難民キャンプに寄贈

ザアタリ難民キャンプ内にある学校で日本から贈られたマリオネットを操る男性教師(左)と子どもたち=国境なき子どもたち提供

 内戦が続くシリアから逃れた人々が暮らすヨルダン北部のザアタリ難民キャンプで、日本生まれのマリオネット(操り人形)が子どもたちを楽しませている。埼玉県を拠点に活動する日本人の人形作家、オレンジパフェさんが現地で教育支援をするNPOに託した。「大変な思いをしている子どもたちが、少しでも明るい気持ちになれば」と願っている。【福島祥】

 難民キャンプ内にある学校の教室。視線がクマのマリオネット「ハビーブ」に集まる。「こんにちは」「拍手…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです