メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第18回アジア大会日本代表選考会で得点を決めて喜ぶ相原選手(レバ)=東京都豊島区で2018年5月27日、宮間俊樹撮影

 2024年パリ五輪で追加種目での採用も取りざたされるコンピューターゲームの対戦競技「エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)」。インドネシアで今月18日開幕の第18回アジア大会では公開競技として日本から2種目3選手が出場し、次回22年大会では正式種目となるなど注目が集まる。

 自宅でPCに向かい教科書を開くのはインターネット制高校3年、18歳の相原翼選手(プレーヤーネーム=レバ)。アジア大会が今回採用した家庭用サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018(ウイイレ)」の日本代表の一人だ。父が買ってきたゲームがきっかけとなって始めた。

 「やっていくにつれて成長を実感できる」と競技に向き合う。プロチームにもスカウトされ、将来はプロとし…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです