メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第18回アジア大会日本代表選考会で得点を決めて喜ぶ相原選手(レバ)=東京都豊島区で2018年5月27日、宮間俊樹撮影

 2024年パリ五輪で追加種目での採用も取りざたされるコンピューターゲームの対戦競技「エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)」。インドネシアで今月18日開幕の第18回アジア大会では公開競技として日本から2種目3選手が出場し、次回22年大会では正式種目となるなど注目が集まる。

 自宅でPCに向かい教科書を開くのはインターネット制高校3年、18歳の相原翼選手(プレーヤーネーム=レバ)。アジア大会が今回採用した家庭用サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018(ウイイレ)」の日本代表の一人だ。父が買ってきたゲームがきっかけとなって始めた。

 「やっていくにつれて成長を実感できる」と競技に向き合う。プロチームにもスカウトされ、将来はプロとし…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです