メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アート巡り

観覧料最高額更新、の巻 価値あり 次は奄美で=青山郁子記者 /富山

巨大な風神雷神図の壁画が出迎えてくれる岡田美術館=神奈川県箱根町小涌谷で、青山郁子撮影

 入館料1人2800円。長年、全国各地でいくつもの美術館や博物館を訪ねたが、ついに2000円を超え、最高額を更新した。場所は神奈川県・箱根の岡田美術館。富山から新幹線と電車を乗り継ぎ約半日、お金と時間をかけてはるばる来たからには入館せずに帰るわけにはいかない、のである。

 そもそもの目的は「田中一村の絵画」展。随分前にテレビで紹介され、死後ようやく脚光を浴びた日本画家、田中一村(1908~77)。一度本物の作品を見たかったが、美術館が奄美大島にあるためなかなか行けず、ようやく行けそうな場所で本物が見られると聞きつけた次第だった。

 一村は栃木県に生まれ、東京美術学校(現・東京芸大)に進学したが約2カ月で退学。50歳で単身、奄美大…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1296文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  3. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです