メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【お知らせ】現在システム障害のため一部の機能・サービスがご利用になれません
カーリング

SC軽井沢クがチーム再編成へ 3選手が個別活動 /長野

 2月の平昌五輪に出場したカーリング男子のSC軽井沢クラブは2日夜、所属選手3人が個別に活動することになったとして、11月に韓国で開かれるパシフィックアジア選手権への出場を辞退すると発表した。今後はチームの再編成を目指す。

     SC軽井沢クによると、両角友佑(33)、山口剛史(33)、両角公佑(30)の3選手は新たなチームで競技を続ける者や残留する者に分かれる。クラブは現在、ジュニアなどを含めたチーム全体の組織化を進めており、その中で、残留する選手を中心にトップチームを再編する方針。

     SC軽井沢クでは6月に清水徹郎(30)、平田洸介(26)の2選手が退団した。運営するNPO法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブの担当者は「4年後の北京五輪を見据えて、次期シーズンまでに新チームをつくりたい」と話している。【武田博仁】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    3. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺
    4. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです