メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 歓声待つ被災地

色鮮やかな天然芝が広がる釜石鵜住居復興スタジアム。スタンドには、昨年の地元で起きた山火事で被害にあった木を活用した座席が並ぶ=岩手県釜石市で2018年8月3日午後3時半、喜屋武真之介撮影

 2019年9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、東日本大震災の被災地では唯一の会場となる岩手県釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムが3日、報道陣に公開された。

 同スタジアムは昨年4月に着工し、先月31日に完成した。総事業費は約39億円。繊維を混ぜて、クッション性や耐久性を…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです